校長あいさつ

 福島県立平商業高等学校のホームページを御覧いただき、誠にありがとうございます。
 本校は、福島県の太平洋側「浜通り地方」南部、茨城県に隣接した、温暖で冬暖かく、夏涼しい気候と、豊かな海に恵まれたいわき市にあります。いわき市は首都圏に一番近い炭田であった常磐炭田を中心に栄えた土地ですが、現在は閉山後の跡地に、フラガールで有名な温泉施設があるほか、国際港である小名浜港には、福島県沖の黒潮と親潮の「潮目の海」をメインテーマとした県立の水族館アクアマリンふくしまがあるなど、多くの観光地を有した土地です。
 そのいわき市のほぼ真ん中にあるのが、昭和41年に周辺市町村合併で「いわき市」となるまで存在した「旧平市」であり、その「旧平市」にある商業高校が、福島県立平商業高等学校です。
 地元で略して「平商(へいしょう)」と呼ばれている本校は、大正2(1913)年、当時の平町(のちの旧平市)に、平町立平商業補習学校として創立されました。
 以来、校訓「自主独立(独力で行うこと。自分の力で、自分の意志で、自分の責任において物事をなしていくこと)」のもと、地域の商業教育基幹校として皆さまに支えていただきながら教育活動を行い、おかげさまで本年度創立106周年を迎える歴史と伝統を誇る全国でも有数の商業高等学校として発展してまいりました。
 その間、2万6千名を超える卒業生は県内外の各界で活躍し、社会に大きく貢献されております。
 現在は、あらゆる業種での職務に対応できる人づくりのため「流通ビジネス科」、「情報システム科」、「オフィス会計科」を設置し、地域発展に欠かせない産業人育成につとめております。
 今年度も生徒一人ひとりの将来をつくる教育を行うとともに、地域社会発展に寄与できる人づくりを進めてまいります。皆さまにはさらなる御理解と御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

                                                                                                                                                              令和元年5月吉日   
                                                                                                                                                              校長 松浦冬樹

    

 

学校経営・運営ビジョン


 平成31(令和元)年度学校経営・運営ビジョン
   H31(R1)学校経営・運営ビジョン.pdf

教育課程
教育方針
 教育基本法と学校教育法に基づいて、生徒の自主的・積極的活動を奨励して個性伸張をはかり、真理と正義を愛し、勤労と責任を重んずる精神と実践力の涵養に努め、心身の健全な発達を促して、国家および社会の有為な形成者の育成を期する。
教育目標
 1.心身共に健全で、教養豊かな人間を育成する。
 2.自主独立の精神にみちた社会人を育成する。
 3.勤労を尊び、責任を重んじる商業人を育成する。
校訓
自主独立
努力目標
努力目標